スマホ決済1強時代到来の可能性(Yahoo LINE経営統合)

2018年11月18日、Yahoo×LINEが経営統合を発表しました。なんとかと桜を見る会とか、有名女優の覚醒剤の話など、「別に」と言ってしまいたい暗いニュースが大い中で、久々にわくわくするニュースとなりました。経営統合した両社には、本気でGAFAに立ち向かって頂きたいと思います。

Yahoo!×LINEは「AIテックカンパニー」を目指す――共有する大きな危機感と未来への志)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52322230Y9A111C1X11000/

このニュースを受けて、現在乱立しているキャッシュレス決済「QRコード決済」戦国時代に終止符が打たれることになるかもしれません。

Yahoo(ソフトバンク)が展開しているPaypayは登録者数約2,000万人、LINEが展開しているLINEPAY登録者数約3,700万人とのことです。両方を使っている方がほとんどではないかと思われますので、単純合算というわけではありませんがスマホ決済1位となるのは間違いありません。

Paypayは決済会社の収益源としている決済手数料を無料としていることから爆発的に浸透している印象ですが、今後はより加速するものと思います。

経理業務従事者としては、早くスマホ決済が国民に浸透し、小口現金という概念がなくなることを望みます。(記帳処理や残高管理が大変なので1日も早くクラウド会計とAPI連携が当たり前になることを望みます)

いまだ現金決済のみを頑なに貫いてきたサイゼリヤも、今回の統合を受けてついにスマホ決済を導入するかもしれませんね。

現金決済にこだわる「サイゼリヤ」、社長が真意を明かす

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00067/111500052/

Follow me!