雇われるということ

KRYブログにお越し頂きありがとうありがとうございます。

今日は、同時期に退職される同僚4人との、今後についての情報交換に関する飲み会でした。今日は酔っ払ってることもあり、思いの丈を綴りたいと思います。

改めて、独立するうえで最初に捨てなければならないのは、雇われる、ということの安心感だと考えています。言葉にすると安く伝わるかもしれませんが、独立して独り立ちする、というのは自分自身のみの力で売上を上げていかねばなりません。

そのような決意をした時に一番留意しなければならないのは、『甘え』だと思っています。

1人での起業の場合、誰にも注意されないから気楽で、つい考えを突き詰めることができない、という方もいるかもしれません。

一方で、複数人での起業の場合、他の者の意思決定に依存してしまう、ついつい依存してしまうということは往々にしてあることかと思います。

私の性格上、自分の言いたいことや、本当にしたいと思っていることでも、多数決で流されてしまう傾向があり、やはり後者の方が甘えが出てしまうことが想定されるため、この甘えを打破するためにも、改めて1人での独立開業を決意しました。

独立するということは、プライドを含め色々なものを捨てなければならないものだと思います。私自身もまだ独立というものの本当の厳しさを理解出来ていない現況ではありますが、『本当に社会、自分のためになることをするために自分の決断で起業するのである』

という事を肝に命じて、あらためて起業準備をしていきたいと思う、飲み会でした。

Follow me!